デザイナーズ物件のメリットとデメリット

by ,

デザイナーズマンションというと、おしゃれで高級感にあふれているように思いますね。

確かにそういった物件が多いのですが、最近はデザイナーズマンションでも比較的リーズナブルな物件も出てきています。

ここでは、今一度デザイナーズマンションのメリット、デメリットについてまとめておきます。

【デザイナーズマンションのメリット】

デザイナーズマンションはデザインが目立つものが多く、ランドマーク的な存在になっていることが多いです。

初めて家に遊びに来てくれる人に説明するのも簡単ですし、「あの素敵なマンションね」とわかってもらえますよ。

また、内装もおしゃれなものが多く、一般的なマンションよりも天井が高かったり、コンクリート打ち放しであったりとひと味違う感じが満載です。

【デザイナーズマンションのデメリット】

おしゃれなデザイナーズマンションですが、これがデメリットになることがあります。

コンクリート打ち放しはおしゃれに見えますが、夏は暑くて冬は底冷えします。

また、結露も多く、意外とじめじめしてしまうのです。

変わったデザインの部屋だと掃除がしにくいとか、プライバシーが無いといったデメリットもあるので住む前にはよく検討してください。

【物件は内覧した方が良い】

デザイナーズマンションの場合は、まず内覧することをおすすめします。

※チェックポイントについて≫≫≫http://news.mynavi.jp/news/2014/12/03/437/

外観や部屋の写真だけを見て決めてしまうと、住んだ時に「こんなはずでは・・・」と後悔することが出てくるかもしれません。

時間を見つけて実際にその物件を見てみることが大切ですね。